ポリッシャー取扱説明

フロアポリッシャー取扱説明 安全作業のご注意

※ポリッシャーをご使用になる時には、この『安全作業のご注意』をお読みの上、正しくお使い下さい。
※ここに書かれましたご注意はポリッシャーを安全に正しくご使用いただき、ご使用者や他の人々に危害や損害を与えることを防止するためのものです。また誤ったお取扱によって発生が予想される危害や損害の度合いや内容の緊急性を示すため、人の死亡を含む重大な危害を負うような内容の場合は『警告』、その他の危害を受けたり、物的損害の発生を内容とする場合は『注意』とするなどに区分してあります。

表示マークの説明

  • この記号は警告や注意に該当すると思われる事項があること、およびその内容の明示があることを示しています。
  • この記号は禁止する行為を示すものです。図や文章で具体的にその内容を示しています。
  • この記号はここに表示されている行為を厳守して相違することのないよう指示する事項を示しています。図や文章で具体的にその内容を示しています。

【警告】

  • 修理技術者以外の人は分解したり修理、改造はしないで下さい。漏電したり異状動作をして障害を負うことがあります。
    警告1
  • アース線の接続や漏電ブレーカの使用をしないで、水などで漏れたり金属フロアなど電気を通しやすい場所での使用はしないで下さい。漏電による危害や損害を受けることがあります。
    警告2
  • ブラシの着脱や洗剤の供給など作業準備をしたり、機械各部のお手入れの際は必ずプラグはコンセントから抜いて下さい。また濡れた手でプラグの抜き差しをしないで下さい。感電したり障害を負うことがあります。
    警告3
  • プラグをコンセントに差込むときは必ずポリッシャーのスイッチが『切』になっていることを確認して下さい。無人回転により危害や損害を負うことがあります。
    警告4
  • プラグをコンセントに差込むときは機械やブラシなどの回転部分が床面に援触しないよう機械を傾けて下さい。無人回転をして危害や損害を負う場合があります。
    警告5
  • ガソリン、シンナーなど揮発性油脂のある場所では使用しないで下さい。漏電や摩擦などによる発火のおそれがあります。
    警告6
  • 作業を中断して使用者がポリッシャーから離れるときは必ずプラグを抜いて下さい。他人のスイッチ操作など誤作動により危害や損害を負うおそれがあります。
    警告7
  • 作業中は作業服、手袋、靴を着用し身体を露出しないで下さい。漏電による危害を負うことがあります。
    警告8
  • 作業中プラグが抜けたりブレーカがとんだり停電したりして運転が停止したときは、ただちにスイッチを『切』に戻して下さい。再び通電した時回転して危害や損害を負うことがあります。
    警告9
  • 作業を終了したときはプラグをコンセントから抜き取り、コードをハンドルに巻きとっておいて下さい。そのままにすると誤操作による回転や、コードに人がつまずくなど危害や損害を負うことがあります。
    警告10
  • ワンブラシ型のポリッシャーはブラシの回転により定位置に固定することは困難です。操作方法に習熟してから使用して下さい。不安定な走行により危害や煩害を負うことがあります。
    警告11
  • ワンブラシ型のポリッシャーを使用の際は安全な操作が必要です。子供や操作に支障がある方の使用は、危害や損害を負うことがありますのでしないで下さい。
    警告12

【注意】

  • プラグをコンセントから抜くときにはコードを引張らないでプラグを持って抜いて下さい。プラクやコード内でショー卜して停電や発火のおそれがあります。
    注意1
  • 表示の電圧などと著しく異なる電源下での御使用はしないで下さい。故障、発熱、発火などをおこすおそれがあります。
    注意2
  • 使用するコンセントを含む配電回路はポリッシャーに表示する電流容量より大容量で、かつ他の電気機器などの負荷がないことが必要です。ブレーカがとんだり、回転力が落ちたりして停電や発火のおそれがあります。
    注意3
  • 運転中は両手でハンドルをしっかり握って操作して下さい。つまずいたりして手がはなれ危害や損害を負うことがあります。
    注意4
  • 電流容量の小さいコード、長い延長コードやコードリール等の御使用はしないで下さい。回転力不足、発熱、発火など故障や損害を負うことがあります。
    注意5
  • ポリッシャーの上におもりをのせて運転しないで下さい。重すぎる負荷はポリッシャーの損傷をまねき、故障、停電、発熱などをおこすおそれがあります。
    注意6
  • 運転の際はコードが回転しているブラシに巻込まれないよう機体から離して下さい。漏電や操作不能などにより危害や損害を負うことがあります。
    注意7
  • ポリッシャーのアタッチメントは規定寸法を超えるものは使用しないで下さい。大きすぎる負荷はポリッシャーの損傷をまねき、故障、停電、発熱などをおこすおそれがあります。
    注意8
  • 機体の清掃はしぼった布などで拭いて下さい。水や洗剤などを直接かけないで下さい。感電やショートなど危害や損害を負うことがあります。
    注意9
  • ポリッシャーにタンクを取り付けて使用する時は規定された濃度以上の洗剤や溶剤は使用しないで下さい。タンクや機体を破損するなどして損害を負うことがあります。
    注意10
  • プラグやコードなど配線部品を交換したり修理するときは、電気の技術者にさせて下さい。規定の工事をしませんと故障や危害や損害を負うことがあります。
    注意11
  • ポリッシャーを保管する時はブラシなどを取外して下さい。取付けたままですとブラシの一方に重さがかかって刷毛の長さが不均等になるなどして不安定な回転になり危害や損害を負うことがあります。
    注意12
  • 機体各部にゆるみや、作動不良など不具合な箇所がある時は、早めに修理をして下さい。ケガなどの危害を負うことがあります。
    注意13
  • ブラシ、ハンドルまたは車輪部分などの取付けや固定のため手で操作するときは、ゆっくり注意して確実に行って下さい。指をはさむなどして危害を負うことがあります。
    注意14
  • ポリッシャーは使用者以外の人は触れることが出来ない場所に保管して下さい。再使用の際故障や誤作動による危害や損害を負うことがあります。
    注意15
  • ブラシ等を取付けないで回転させたり取付が不完全で回転中にブラシ等が外れたりすると床材等を損傷します。ブラシプレートのブラシへの取付、ポリッシャーへの取付は確実に行って下さい。
    注意16

運転方法 『安全作業の御注意』を読んでから運転して下さい

  • 1.ブラシやパット台などをポリッシャー下側の取付金具に押込み左に回して噛合わせしっかりと取付けて下さい。
    運転方法1
  • 2.スイッチが「切」になっていることを確認してからプラグをコンセントに差込んで下さい。
    運転方法2
  • 3.ハンドルを運転しやすい位置に固定して下さい。また、昇降式の車輸は上げて下さい。スイッチを入れると回転します。
    運転方法3
  • 4.ポリッシャーの運転(ブラシが1個のもの)
    左への移動は八ンドルを押下げる
    右への移動はハンドルを持上げる
    運転方法4
  • 5.ポリッシャーの運転(ブラシが1個のもの)
    前進は八ンドルの右手側を持上げる
    後退は八ンドルの左手側を持上げる
    運転方法5
  • 6.作業を中断したり、終了したときはプラグをコンセントから取外しコードを巻きとって下さい。ハンドルは直立の位置に戻し車輪もおろして下さい。
    運転方法6
  • 7. ブラシやパット台などは本体から外し、汚れを落として乾燥した場所に保管して下さい。
    運転方法7
  • 8.ハンドルや本体の汚れは湿った布などで拭き取り風通しのよい場所に保管して下さい。また、車軸やハンドル取付部分など可動箇所には時々油をさして下さい。
    運転方法8